本文へスキップ

活動報告report

今年度活動報告へ

2019年3月30日(土)種もみ(緑米)箱まき、苗代づくり

活動報告写真

昨年、緑米(もち米)の収穫時期が他の米より遅く、最後に残された緑米がイノシシの集中攻撃で全滅
今年は収穫時期を他の米に合わせるため、例年より早めの箱まき、苗代づくり行いました。
昼ごはんは野草を採集して天ぷら料理を食べました。クレソン、ヨモギ、ホウレンソウ、おいしかったです。


2019年2月11日(月、祝日)生きもの観察会

活動報告写真

寒いなかでの観察会。オオムラサキの幼虫、たくさん観察できました。
ビオトープや小川の生き物たちもたくさんいました。ヤゴやカワゲラ、カゲロウなど、たくさん、面白い姿で。
風がなかったので、思ったより過ごしやすかったかな?美味しいお昼ご飯もあって、楽しい1日があっという間に過ぎました。


2019年1月13日(日)和歌山県の人と自然をつなぐシンポジウム

活動報告写真

和歌山県の人と自然をつなぐシンポジウム
 ~未来へつなごう ふるさとの自然~

橋本市民会館にて開催されたシンポジウムで、里山学校の生きもの係りが活動成果の発表を行いました。
子供達は(大人も)、生物多様性について学び、生き物観察モニタリングの成果は、地元の良好な自然をもたらせて、未来へとつなげていきます。

シンポジウム終了後は、講師で写真家の今森光彦先生、和歌山県の仁坂知事、有本先生、虫好き達が集まって虫談義と楽しい時間を過ごしました。


2018年12月16日(日)餅つき大会&新米試食会

活動報告写真

餅つき大会は恒例の行事。
皆でテーブルを囲んで新米の試食会。サンマの塩焼き、里山で収穫した野菜いっぱいの味噌汁。地元の方から頂いた椎茸、白菜、大根、かぶ、菊芋やクルミもたくさん。
午後は、落ち葉を集めて、田んぼに撒きました。自然界の循環を皆で守ろうと、意識を高め会いました。
新しくできた階段。
山道からの薪運びなど、みんな楽しく走り回っての大切な一日になりましたね。


2018年11月25日(日)すこやか橋本 まなびの日

活動報告写真

和歌山県立橋本体育館で開催されました「すこやか橋本 まなびの日」、里山学校は大学いものお店を出店してきました。
さつま芋は、もちろん里山学校の無農薬の自然栽培。収穫量は少なかったのですが、おいしくて、しかも安心安全。
ワンカップ ワンコイン。
販売開始から行列ができ、好調な売れ行きで完売になりました。
お店のレイアウト、どんな風にすれば集客できるかな⁉
さつま芋は、どう切ったらおいしそうかな⁉
色々と考えながらの大学いも屋さん
体験したメンバーは良い経験に成った事でしょう。


2018年10月28日(日)橋本市ふる里よいとこ探しナチュラルブレイク

活動報告写真

杉村公園(橋本市御幸辻)で開催されました、
橋本市ふる里よいとこ探しナチュラルブレイクへ出店してきました。
出店内容は、シュロの葉でバッタ作り、アロマ石鹸作り、里山の生き物ふれあいコーナー、里山学校の活動紹介でした。里山の生き物ふれあいコーナーでは、沢山の子供たちが遊びに来てくれ、沢山の笑顔が咲いていました。


2018年10月14日(日)「生きもの観察会」&「脱穀」

活動報告写真

涼しくなり過ごしやすくなりましたね!
今日の里山は秋葉晴れのとても気持ち良い一日でした!
収穫期の里山は、沢山のイベントと作業が有ります。
子どもたちは生きもの観察会、大人たちは脱穀作業を行いました。
沢山働いた後の昼ごはんは、最高のご馳走でした。
お昼からは、地元がお祭りでしたので、皆で、お祭りの見学に行ってきました。
素朴なお祭りなんですが、みんな楽しそうな良い顔をしていました!
その後、お楽しみの緑米(もち米)が尋常でないイノシシ被害に遭っているため、参加スタッフ全員でイノシシ対策を行いました。


2018年10月7日(日)里のハーベスト祭 ~みつけよう自分だけの秋~

活動報告写真

台風の接近で天気が危ぶまれましたが、最高の天気に‼
秋晴れの中、参加者の皆さんと楽しく収穫(稲刈り)を楽しみました。
お昼ご飯は、お馴染みのカレーライス、頑張った後の食事は最高に旨いですね。
午後からは、小さな里山のお店が並び、おやつしながらの体験のプログラム(生きもの観察会/里山ウォーキング/クラフト教室)を楽しみました。


2018年10月3日(水)稲刈り体験(地元の小学校、幼稚園、保護者)

活動報告写真

地元の小学校5年生と幼稚園のみんなで、稲刈りの体験。保護者の方たちも先生も、地元のスタッフ、総勢50人でやりました。
みんな、慣れるのが驚くほど早く、すっかり仕上がりました。天気も良く、楽しくできたのが素晴らしかったです。


2018年8月19日(日)「夏の生きもの観察会」

活動報告写真

有本智先生と、南敏行先生、二人の素晴らしい講師をお迎えして、「里山のトンボ類の採集、調査」を行いました。
聞きたいことが沢山たまっていた生きもの係りメンバー、早朝から先生たちへの質問攻めで始まりました。

そして、今回は高校生がボランティアとして参加してくれました。子供たちとの共同調査で沢山学んだことでしょう。


2018年8月4日(土)~8月5日(日)芋谷夏キャンプ

活動報告写真

夏休み恒例の夏キャンプを開催しました。
夕食はジンギスカン!おいしかったですね!

今回のテーマは、子供たちの将来の夢!
子どもたちだけで集まりワークショップを開催しました。どんな将来について語り合ったのでしょう。仲間たちの話を聞いて良い刺激になったかな?

夜の楽しみは、キャンプファイヤー、ナイトウォーキング、花火、楽しかったですね!
キャンプの夜は楽しすぎて、なかなか眠りにつけません。
朝、目覚めると子どもたちは野球をしていました。相変わらず元気です。

2日目は猛暑のため、当初の予定をキャンセルして、スイカ割りに水遊び、ゆっくりと過ごしました。


2018年7月16日(月)生きもの係りバスツアー

活動報告写真

生きもの係りバスツアー。
参加者20人で、ビオトープ切目川にお邪魔しました。
ビオトープ切目川では、環境保全の取り組み、高機能炭(有機質を完全に無くした燃えない炭)を使った農作物の栽培について、お話を聞かせていただきました。

お昼からは、子供たち、お待ちかねの川へ入り、水遊びに、魚釣り、ウナギやナマズにテナガエビ、オイカワなど沢山つかまえました。
そうそう、川へ入ると小魚たちが足をつつきにきました。くすぐったいです。...感動ですね!
また、行きたいですね!


2018年6月17日(日)第2回「生きもの観察会」&「田植え体験」

活動報告写真

第2回「生きもの観察会」楽しかったですね!
小さな子どもたちは水辺の生きものに夢中です!
アカハライモリがカッコいいのだとか‼
昼食タイムは鉄板焼き、いくつになっても鉄板焼きしているとワクワクしますね。楽しそうなテントにはゲンジボタルも遊びに来てくれました。
お昼からは、展翅チームと田植えチームに分かれての活動で、最後まで残っていた田んぼの田植えを行いました。
田植えに参加してくれた仲間達、ノリノリで歌いながらの田植え作業、レトロな作業を今風のスタイルで、まるで海水浴場で水遊びしているような光景でした。


2018年6月12日(火)田植え体験(地元の小学校、幼稚園、保護者)

活動報告写真

小雨の中、子どもたちの歓声がこだまする里山。
はじめて田んぼに入るには、ずいぶん勇気が必要だったかな?
田植えが進むと、すっかり慣れてきて、おもしろい、きもちいい、を連発。
地元の小学校、幼稚園、そして、保護者もたくさん参加。
地元の村人の支援で、予定を完成!
アメリカとブラジルの助っ人も駆けつけてくれました。
楽しい日になりました。
小学生は、この お米で調理自習を行うということなので、収穫が楽しみですね!


2018年6月10日(日)TOYOTA SOCIAL FES‼ 2018「初夏の里山で、田植えを体験!」

活動報告写真

スタッフ含め240名参加で田植えイベントを開催しました。
お昼は、おなじみとなりました、ここでとれた米や野菜を使った猪肉入りのカレーライス。
お昼からは、植物観察会、蝶の展翅体験を行いました。


2018年5月20日(日)第1回「生きもの観察会」

活動報告写真

今年度最初の生きもの観察会、「生きもの係り」の第二期がスタートしました。今年度はトンボの調査を主体に行う予定としておりますが、昨年に続き蝶も調査していきます。
第二期も、海南市わんぱく公園館長の有本先生を講師として 迎えて調査していきます。
今回は、第二期のスタートでしたので展翅が初めての子どもたちもおり、興味深々で講師の先生たちに教わっていました。
気持ちの良い空の下で、おいしい昼食(タコ飯、採れたて野菜のかき揚げ、溶き卵汁)を挟んでの活動となりました。


2018年5月5日(土)第2回「泥んこオリンピック」

活動報告写真

第二回「泥んこオリンピック」。50人参加して、盛り上がりましたね~
競技は、赤白2チームに分かれて、泥んこ綱引き、泥んこリレー、泥んこ手押し相撲、泥んこ玉入れ。
勝つために一生懸命の子どもたち、笑いを取ろうとする子どもたち、楽しいですね
最後は、泥んこの子どもたち、雪合戦ならぬ泥合戦で楽しんでいました。


2018年5月4日(金)~ 5月5日(土)里山キャンプ

活動報告写真

恒例の「里山キャンプ」。40人参加で、キャンドルウォーク、花火大会、夜の映画会など、楽しみました。
イベント終了後は、かがり火の前で、ダンス発表会?ダンスに挑戦する子どもたち、楽しそうです。
翌朝は、ここ柱本は、数学者の岡潔先生が育った場所と言うこともあり。岡潔先生にちなんで数学クイズ! 子どもたち3チームが数学クイズに挑戦(あの木の高さは何メートル?、あの石の重さは?)!ユニークな発想で答えを導きだそうとする子どもたち、見ていて楽しいですね!


2018年4月29日(日)もみまき

活動報告写真

晴天の中、白米→黒米(古代米)→緑米(古代米)の順で待望の「籾まき」が完了しました。初めて籾まきに参加してくれた皆様、毎回楽しんでいただいている皆様、お疲れさまでした。
水を張った田んぼでは、早速、トノサマガエルの産卵が始まっていました。


2018年4月22日(日)水路整備、苗代つくり

活動報告写真

水路整備と苗代つくりを行いました。
子どもたちは、水はまだ冷たいのですが、びしょ濡れで川遊びを楽しんでいました。


2018年3月4日(日)第7回孟子不動谷生物多様性フォーラム

活動報告写真

紀の川市貴志川町の貴志川生涯学習センターで開催されました、第7回孟子不動谷生物多様性フォーラムにて、里山学校「生きもの係り」の調査研究を発表してきました。
子どもたちは芋谷での調査活動、スズメバチに魅了された少年はスズメバチの生態について調査結果を発表しました。
前日の夜遅くまで、採集した標本の再調査を行った子どもたち、堂々と発表している姿が微笑ましく思えました。


はしもと里山学校

〒648-0091
和歌山県橋本市柱本地区芋谷

里山作品募集中!